債務整理

債務整理者は特に注意!Amazon Paidyの恐怖

こんにちは悠です。

債務整理をして4年目です。

強制的な現金主義になり、借金体質から逃れられそうです。

今回はそんな私が危惧している近年増加している後払い制度のついての記事です。

せっかく債務整理をしたのに借金体質に逆戻りになって欲しくないので書いています。

ではさっそくいきましょう。

Paidyはクレジットカードの一括払いと同じだから要注意

普通に考えればわかりますが

Paidyは支払いを翌月に回すという制度なので今月資金が足りなくても購入できてしまう新しい制度です。

後でまとめて支払いができてお得と謳ってますが、普通にこの考え方やばいですよね。

法人や個人事業主などでまとめてやった方が処理が簡単だからという理由ならまだわかります。

しかし、個人で利用するのであればまとめて支払うのはそこまで必要かというのか疑問です。

計画性なく利用してしまえば支払いが出来なくなってしまう事態になってしまいそうで私はこの制度は怖いなと思いました。

何よりの恐怖は債務整理者でも使えてしまうこと

私自身債務整理中なのでクレジットカードは持つことが出来ないのでデビットカードか現金でしかほとんど決済しません。

そんな私でも使えてしまうのがこのpaidyという制度です。

流石に分割払いまでは与信審査があるので使えませんが一括支払いであれば使えてしまいます。

後払いが使えてしまうともし、誘惑に負けてしまった場合思わず買ってしまうかもしれないという恐怖が湧きました。

もし、債務整理したてのときにこの制度があれば使っていたかもしれません。

そう考えると背筋が凍る気持ちになります。

簡単・楽・後からでもOKに踊らされるな!

IT技術の発展により、物事がどんどん簡略化されてきています。

AIの発展で自分の行動が気づかないうちに操られています。

そんな世の中だからこそ、サービスを使用する前にキチンと調べる癖をつけるべきです。

何も考えずに、気づかないうちにた搾取されるだけの人生は辞めましょう。

過去の自分が見ているのであれば猪突猛進にとりあえず突っ込むのではなく、調べて頭で理解出来たらやるべきだと伝えたいです。

簡単で楽なことが多くなった時代だからこそ、自分の軸をしっかり持って物事を見れるようにしなければいけないとひしひしと感じています。

その他 注意すべきサービス

私が見てきて使えてしまったサービスも注意喚起で紹介しておきますのでこちらの使用も注意です。

  • メルペイスマート払い
  • NP後払い
  • キャリア決済後払い

この3点も債務整理者が使えてしまう後払い制度になるので要注意です。

払いきれないくらいの注文が出来てしまうので歯止めが効かなくなるリスクがあります。

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございます。

債務整理者の私から注意喚起をさせていただきました。

一人でも多く食い止めることが出来たら幸いです。

IT技術が進化するとともに自分も進化しなくてはいけないですね。

それでは、また。